月別アーカイブ: 2018年2月

ぎっくり腰。動けない恐怖。

e4c3ccc34f5c9996c1c3c6b54c98aa40_s

若い時は、体力も筋力もあったから、腰痛なんて無縁でした。

けれど、30をすぎ、40をすぎ・・徐々に筋力が落ちた時に、やってしまったぎっくり腰。

年寄りがなるもの、という思いがあったため、自分がなったときは痛みもさることながら精神的にもショックでした。

そして腰というのは、痛いとなったらここまで痛いのか!と思う程。

想像以上の痛さに「動けない」のがよくわかりました。

腰がひきつるような感覚というか、これ以上動かしたら、私の体、バラバラになるんじゃないかとさえ思いました。

そして動かさないようにすることさえ「痛い」んです。

腰って体の中心にありますし、それが動かないとなるともう体全体が動かない。

腰が痛いはずなのに、なんだか腕を動かすのさえはばかられ、足なんてもってのほかです。

ぎっくり腰から数日、やや回復はしたのですが、何をやってしまったのかそのまま軽い腰痛が残ってしまいました。

おそらく、自分でも動かすのが怖いんでしょうね。知らず知らずに庇っている自覚があります。

腰が痛いと、歩き方もなんだかお年寄りみたいになってしまって・・・。

今、サポーターをしたり、温めてみたりしてますが、どうしてもあの動けなくなる恐怖がよみがえってしまいます。

この痛みから解放される日は来るのか、今はそれすら不安です。