月別アーカイブ: 2016年1月

痩せていることを羨ましがられるけれど

私は痩せています。
背も低いのでチビのガリというやつです。

背が低くてポッチャリしている人からは「痩せていて羨ましい」と言われます。
背が低くても、痩せていたら服を綺麗に着られるからだそう。

でも私は、どちらかというと太れなくて困っています。
まずその「綺麗に着られる」と思われている服というのが問題です。

photo

痩せているというより痩せすぎている私は、サイズがなくてとても困っています。
ウエストやヒップが余ってブカブカになるので、サイズ直しは必須です。
上半身も薄いので、ジャケットなどは余程気をつけて選ばないと、服に着られている感が出て非常にみっともなくなるので、選ぶのがとても大変です。

あと、年齢を重ねてきて特に感じるのは、痩せすぎは決して「幸福そうに見えない」ということです。
ギスギスした感じ・冷たい感じに見えるので、自分としてはもう少し太って、柔らかいイメージになりたいと思っているのです。
いくら食べても太らないのは若い頃からなので、太りにくい体質なのだとは思うのですが、もう少し何とかならないのかなと思ってしまいます。

 

痩せに対するコンプレックスもある事に注意

確かに、太り気味の人から見て「痩せている人は羨ましい」と思われがちです。
しかし、さまざまな体質の人が存在しているのも事実です。
太りやすい体質の人もいれば、投稿者の方のように太りにくい体質の人もいます。

「痩せている=健康的」という意見が散見されますが、痩せている“だけ”という事に悩みを抱える人も存在します。
中には、服のサイズがなさすぎるあまり、大人なのにジュニアサイズの服しか着られない人もいるほどです。

痩せている事がコンプレックスという人もいますので、「痩せてて羨ましいなぁ~」と気軽に言ってしまうのは要注意です。

気になる!首のブツブツ!

体で悩んでいる部分。
これは最近特に気になってきたんですが、首にあるブツブツが悩みです。

数年前(大学生くらいの頃)は特に気になることもありませんでした。
大学を卒業して数年・・・社会人になり、「あれ?」と自分の首のブツブツが気になり出しました。
以前から首のブツブツはあるにはあったのですが、数も少なく一部だけだったものが気づいた時にはあれ、ここにも!?という風に増えている気がしました。(気がしたというか実際に増えていたのですが)

お風呂上がりの化粧水を首やデコルテ部分まで塗ってみたり、クリームを塗ってみたり自分なりに工夫してみたのですが改善の兆候は見られず。
調べてみるとどうやら美容外科系のことをしなければいけないとのことでした。

photo

普段ずっと気になるものではないのですが、自分の首をさわるとブツブツするし、鏡をみてみるとそのブツブツが茶色くあるので、目立ってきているように感じます。
美容外科をせずにどうしたらこのブツブツを消すことができるかが当面の悩みです。

 

適切な対処で改善できるが、自然治癒は難しい

これは厄介ですね。
顔の次に目立つ部分ですので、何の対処もしないわけにはいかないでしょう。

「首のブツブツ」にはいくつもの種類があり、どれに分類されるかによって、適切な対処法というものも変わってきます。
年齢や症状から、よく見られる「角質粒」ではないかと思われますが、はっきりした事は言えません。

なお、どのパターンであれ、適切に対処すれば改善できますが、自然治癒は見込めないようです。
確実に治したいのであれば、やはり一度は専門家に相談する事をお勧めします。