月別アーカイブ: 2015年11月

突然じんましん体質になってしまい悩んでいます

40歳を過ぎた頃から突然じんましん体質になりました。
主に胸やお腹、背中が突然真っ赤になってかゆみ出します。
皮膚科に行きましたが、じんましんの心あたりがなければ、原因を特定することは困難との事です。
なので、今でもずっと何に対するじんましん症状なのかは分りません。

photo

食べ物かと思い、2、3日食事を抜いてもみましたが、じんましんは現れます。
ハウスダストかと思い、掃除を念入りにし、空気清浄機も購入しましたが、一向に治る気配はありません。
お風呂に入ると、体の血行が良くなるのが原因か、手足にまで赤みが帯びて、ひどいかゆさで悩まされます。
いつどこで起こるか分からないじんましんで、特にかゆみが我慢できなく困ります。
寝ている間もかゆみに我慢できず無意識に掻いてしまい、体に傷をつけてしまいます。

かゆみ止めの薬を飲んではいますが、効き目はイマイチ、いろいろな薬を飲み、効果がある薬を探してはいますが、眠気や動悸といった副作用もあるので、なかなか見つからないのが現状です。

 

慢性だと原因の特定が難しい

じんましんは、アレルギー性と非アレルギー性に分けられます。
本文に書かれている症状から察すると、投稿者の方は非アレルギー性の可能性があります。

また、長期間にわたって続いている事から、慢性のじんましんである可能性が高いと考えられます。
慢性の場合、残念ながら原因を特定する事は難しいと言われています。
仮にじんましん以外の症状があれば、何らかの病気の可能性もありますが、皮膚だけの症状だと判断材料が足りなさすぎるようです。

多くのケースは数年で治まるとされていますが、その数年間じんましんに悩まされ続けるのは、かなり酷な話です。

自分の体臭がとても酷かった

自分の体臭って何故か気づかないもので、人に言われて初めて気づいて、とても恥ずかしいって言う経験は誰にでもあるものです。

そんな体臭を友達に指摘された時の話なのですが、まず、自分は体臭なんて全く気にしたことがなくて、汗をかいても臭いと感じることがありませんでした。
なので、体臭という感覚が理解できず、人のものでもそれは同じでした。

photo

そんな自分がある日、友達とカラオケに行く機会があったのです。
カラオケというのはちょっとした密室で、防音のために窓などもなく、とても匂いがこもりがちです。
そんな中で熱唱して汗もかくわけなので、今になって思えば結構な匂いがする空間なんです。

自分がいつものように熱唱して、マイクを次の人に渡すと、ちょっと嫌そうな顔をされてしまい、気になった自分はつい、どうしたのかと聞いてしまったのです。
すると、「○○ちゃん、臭いが結構気になる」と言われ、とてもショックでした。
今まで体臭なんてないと思っていたので、なおさらです。
もしかしたら、自分はわきがなんじゃないかと思い始めてきました。
でも、私はまだ中学生なので、臭い対策にお金をかけられません。
どうしたらいいのかわかりません……。

 

お金のない中学生でもわきがの対策法はある

幼い頃は気にならなくても、成長期を迎えると急に体臭が強くなる事があります。
これは、体が大人に近づくにつれて、臭いの原因となる部分も大人になる……つまり成長していくのです。

もし、わきが体質の家族がいれば、それは遺伝かもしれません。
つまり、生まれた時からわきがになる可能性が高いという事です。

確かに、大人と違って中学生はわきが対策が限られてしまいます。
しかし、どうする事もできないというわけではありません。
中学生のわきが対策は存在しますので、一度親と相談してみてはいかがでしょうか?