カテゴリー別アーカイブ: 体の悩み

ミネラルだけじゃない

Carefree and free woman

健康には気を使っているつもりでしたが、ここ数年仕事の多忙さもあり数々の体の異変に気づいていたものの有効な対処ができないでいました。

義父母よりお中元にビール、お歳暮に海苔が送られてきおりビールのみはすぐに消費され海苔はたまる一方でした。

そんなある日海苔の処分に困りながらも食べてなくそうと言う事になり毎朝食べている納豆や味噌汁と一緒に少しずつ食べて減らす事にしたのです。

ですので積極的に食べ始めたと言う訳ではありません。

ところが海苔を食べ始めて数日すると変化が起こり始めます。お通じが信じられないほどよくなりました。

家族に話したところみんな半信半疑で食べ始めてはいましたが彼らも(便秘に苦しむ妻も)通じが改善。それも教科書にでてくるような理想的な便です。

これに気をよくした私たちは毎朝食べ始めたのです。すると今度は寝入りと目覚めが良くなります。起きた時の体の疲労感や頭のボッーとした感じがなくなりました。質のいい睡眠がとれているのだろうとおもいます。

これにより通勤電車内でのうたた寝がなくなり日中の活動力もあがってきます。

晩酌も楽しみになりました。身近にありあまり注目していなかったのですが、現在は海苔の力に支えられて生活しています。

コンブチャとは昆布茶ではなく紅茶キノコのこと

今年55歳の独身男性です。 未だに実際に試してはいませんが、「気になる健康法」という視点で語らせて下さい。

ネットでのとある作業中に「コンブチャ」という字句が目に入りました。当然昆布茶が即座に頭に思い浮かびましたが、検索してみると意外なことが判明したのです。その正体は紅茶キノコでした。

思い出すことしばしの間、一つの解答に脳の引き出しが開かれました。それとの出会いは、有名漫画家の代表的なギャグ作品の中で言及されていた単語の連発によってでした。当時の私には理解できるものではありませんでしたね。

当然ネットなどが無い時代でしたので、知らないことの基本は家庭か、学校でのみという、ごく常識的な世界でのみでしたから。残念ながら即座にその正体の端緒に触れられる解答はどうしても見つけることが出来ませんでした。思わぬ形でそれの実物と出会ったのはさらに数年後のこと。仲の良かった友人宅へ遊びに行った時、彼の母親が褐色の瓶に何かをいれているのを見て思わず尋ねてみたのです。紅茶キノコ、という単語を耳にした瞬間、その見た目のグロテスクさに驚きました。そして求めていた物が実際したという素直な驚きと。瓶の蓋を開けて見せてもらうと嫌悪感はさらに増大しました。ホルマリン漬けの標本なら確実に死んでいるのですが、瓶の中で生息しているその不気味な物体は生きているのです。まさに怪奇番組の怪物を目にしている気分でした。

部屋の中に漂ってくる異臭は独特で、形容しがたかったことを覚えています。さまざまな効能があると友人の母親は語ってくれましたが、子供心にも胡散臭さを感じました。苦労して菌を分けてもらい、紅茶の中で培養したというのですが、腐ったお茶の毒性は親から聞かされていて、さらに危険度が高いと即座に判断した私は、勧められた試食をきっぱりと断ったのは現在でも正しい判断だと思っています。

紅茶キノコのブームはその後自然的に終息したと聞かされました。毒性も含めて、効果の真偽は現在でも取り沙汰されているよですが、私自身の素直な見解は、確かめてみたくはないです。ただ、興味はあります。誰もが幼い時には嫌悪感を感じながらもグロい要素を持つ物に対する好奇心があるように、その正体を確かめてみたいという願望は確かに現在もあります。ですが、自分をモルモットにしたい、という願望はありません。

一日何回、何グラムまで、という処方がなされていても恐らくそれを守ることは出来そうにありません。効果については万能薬のような効能を謳っているものもあることを鑑みると、一概には断言できないようですね。個人的には最も関心のある部分は、やはり味ということになるでしょうか。決して美味ではなさそうですが。現実として私の身の周りにはコンブチャは存在していませんから、価格等を少なくとも当分の間は心配しなくても良さそうです。 口にするか否かということは、そういう機会が現実にあってから、ということになるでしょうね。

ベタなウォーキングが1番良い!

ウォーキング
私は30歳の既婚女性です。

結婚を機に夫の転勤について行く為、どちらかというと都心のオフィスで部下をもってバリバリ働いていたタイプだったので、仕事を退職したことはかなり大きな出来事でした。

当時は残業も多く、プライベートな時間を確保することがなかなか難しかったのですが、夫と付き合ってからは週末かもしくは平日の夜に1時間程度のウォーキングをするようになりました。

きっかけはテレビや雑誌などではなく、夫のダイエットに付き合っていたことになります。
週に1回、少し息が上がる程度のペースでウォーキングを始めるようになり、半年が経った頃、それまでかなりの愛煙家だった私が一切タバコを吸いたいという気持ちがなくなりました。
また、体重も2キロほど落ち、疲れにくくなったと感じています。

現在は、妊娠出産を経て夫と2人でウォーキングすることはなくなりましたが、ウォーキングする癖がついていたので、妊娠中の体重管理も増えすぎることなく、安産で出産することができました。
今は子どもが小さいのでなかなかウォーキングという目的で出かけることができなくなってしまいましたが、子どもを抱っこして散歩することでウォーキング代わりにしています。

週に1回でも続ければ何かしら効果は出るものだと感じました。

クコの実で美肌効果を実感しています

42歳のパート主婦です。

40代になってから肌が乾燥するようになり、保湿クリームをたっぷり塗って寝ていますが、肌の乾燥はなかなか改善されないので食事面を見直すことにしました。

ちょうど、好きな女優さんのブログに美肌効果があるクコの実を毎日食べていると記載があったので、試しにクコの実を購入してみました。
よく中華料理でクコの実を使われているのは知っていますが、クコの実の成分や効果などよく知らなかったので食べる前に色々調べたところ、ビタミンCはもちろんポリフェノール類など強い抗酸化力作用がある成分が豊富に含まれているので毎日5粒ほどヨーグルトに混ぜて食べることにしました。

クコの実はほんのり甘くて杏仁豆腐の上にクコの実がのっているのはよく中華料理で見かけていたのでデザートと一緒に食べてもいいんだな〜と知っていました。
ヨーグルトとクコの実もよく合うのでデザート感覚で食べています。

食べ始めて1週間ほど経った頃、顔のくすみが少し改善されたのを実感でき、他にも更年期障害で生理前は体が火照ったり、汗をかきやすくなるなど体の変化を感じていましたが、かなり改善され更年期障害がだいぶ改善されたのでほっとしました。

腰痛持ちは工夫で症状を軽くできるかも

54歳、男性、未婚です。
私の腰痛持ちは社会に出てからの付き合いです。
社会歴イコールアルバイト歴と言っても良いくらい様々な職場で働きました。当時は3Kという言葉は未だ一般的ではなく、言葉が認知された頃には「世の中なんて甘いな」というくらい重労働には慣れていました。
当然腰に負担のかかる仕事ばかりでしたね。座ってやれた仕事の記憶が無いほどです。最初の腰痛はある工場でのベルトコンベアーでの作業の事でした。同じ方向にしか体を捻ることがないので終業時には背筋を伸ばすことが出来ないくらいになっていました。アルバイトなので当然ですが休業の保障なんてありません。それでも約束の期間までは勤め上げ、手にした現金で身体の休養を図ることにしました。
アルバイトの休みの一番の楽しみは銭湯でした。電気風呂で腰を癒すのが何よりの愉しみでした。通院していた医師の言葉では「おもちゃみたいなもの」だそうでしたが、こわばった筋肉をほぐす快感が心地良かったですね。他の対策は自分なりの屈伸運動です。とにかく色々試して、身体に負担がかからないように気遣い続けたのです。
通院もしました。薬にも頼りました。けれども一番効果的だったのは、この屈伸運動だったと思っています。本能というのは否定できませんね。その後も続いた日常の重労働を耐えることができたのは、形にはまらない、いい加減体操によることが大きかったのですから。始業前のラジオ体操をすることで体をほぐす実感を得てからも、これも取り入れたことで体の負担を減らすことができたのです。
腰痛は現在も続いています。けれども、新しい仕事に就けたお蔭であの重労働の日々からは解放され、痛みの度合いは比較にならないほど軽くなりました。
ちなみに腰痛で一番辛いをしたのはぎっくり腰になった時です。体を浮かすことができなくなった時は本当につらかった。あんな思いは二度とごめんですね。でも、その痛みから解放された時には丈夫な身体をくれた両親に心から感謝しました。

夜は香りでアピール!?

最後に「夫婦の営み」をしたのは一昨年の秋。それ以降すっかりご無沙汰で、それっぽい予兆すら全くない状態です。
お互い30代前半、まだまだ女盛りで居たいのですが、残念ながら夫にはその気がない様子……。夫にとって、私にはもう「女の魅力」がないのかしら? と空しくなります。
同じ主婦として生活している友人数名とお茶している時、必然的にそういう話題になるのですが、どこのご夫婦もやる事はしっかりやっているみたいです。そんなに乾いているのはうちだけなんですね……。

決して、夫と不仲になっているわけではありません。私や子どもの誕生日には必ずケーキを買ってきてくれるし、家族サービスだってしてくれています。でも、夜方面のサービスは全く……。
何も、頻繁にしたいというわけではないんですよ。夫は私と子どもを養うために一生懸命働いているわけだし、休日くらいはゆっくりしてほしいとも思っています。だけど、大型連休の時くらいは夜のサービスもしてほしいなぁ……と思ってしまう女心。

もしかしたら、私のアピール不足も原因なんじゃないかと思い、どうやったらさりげなくアピールできるか考えてみました。
すると、こんなサイトを発見しました。
リビドーロゼ秘密の口コミ体験談

20170126

なるほど、夜の営み用の香水ですか。これは考えもしなかったです。というか、今はそういった商品もあるんですねぇ(笑)
香水は今でも時々使います。本当は甘い香りが好きなのですが、もう年が年なので大人っぽいフローラルの香りばかり選んでいました。
思えば、結婚前に「フローラル系の香りは好きじゃない」って言われたっけ……すっかり忘れていました(笑)

今日、さっそく注文してみました。届くのがとても楽しみです。効果あるといいなぁ。

メタボ解消はなかなか難しい

以前は人ごとだと思っていたメタボ体型、どうも知らず知らずの内に自分もその仲間入りしてるようです。
最近部屋の整理をしながら昔買った洋服を発掘、上着なんかは問題ないのですが、ボトムスのほとんどがウエストきつくて着れません。
無理矢理着てもポケットまでパツパツで財布入れるのが困難、ちょっと激しい動きでもしようものならどこか裂けそうな窮屈さです。

メタボ解消はなかなか難しい

そんなアイテム群を処分するのも勿体ないので、軽くエクササイズ始めたまでは良いのですが、これがなかなか絞れてくれません。
気に入ったスカート穿きたい女子みたいな感覚ですが、やっぱりお腹周りがスッキリしてると洋服も似合いますしね。

腹筋など中心に夜寝る前に30分ほど、さすがに始める前をサイズオーバーすることはありませんが、思うほどの効果もまだ見えてきません。
あとは食事も改善しようと試みているものの、長い食習慣を改善するのはストレスも大きいですね。
いかにお金を掛けずにやるかが課題ですが、お金掛けても即効性を求める今の時代、人気のジム通いが話題になるのもわかる気がします。

 

やはり運動が最適!簡単なウォーキングから始めよう

メタボ解消の理想的な流れとしては、まず余分な脂肪をなくし、代わりに筋肉をつけて基礎代謝を向上させる事です。

手っ取り早い改善方法は、もちろん運動。
もちろん、闇雲に動き回っているだけでは、なかなか効果が表れにくいもの。

いきなりハードな運動を取り入れても長続きしないでしょうから、最初は簡単なウォーキングから挑戦するのがお勧めです。
まず散歩感覚で始め、慣れてきたら腕や脚、腹筋を意識して動かすようにしましょう。
なお、無理に激しく動かす必要はありません。競歩をイメージすると良いでしょう。

ダイエットをしているのにポッコリお腹が変わりません

ポッコリお腹に悩んでいます。
今までと同じような生活をしているのに、30代になってからはどんどん体重が増えてきて、代謝が悪くなってきているんだなと感じています。

ポッコリ出ているお腹が気になってダイエットをしてみるのですが、なかなかお腹がだけが痩せません。
お気に入りの服を着ても、ポッコリ出ているお腹が気になってしまい、オシャレを楽しめなくなってしまいました。

ダイエットをして体重が減っているのに、何故お腹だけはずっと出ているのか・・とても辛いですね。
オバサン体型になってきている自分を受け入れることができず、スポーツジムに通って身体を鍛えようかと悩んでいます。

ただ食事制限をしただけではポッコリお腹は引き締まりませんので、もう運動しかないのかなと思っています。
ただ、長年運動をしていないので面倒臭いですし、長続きしないような気がしています。
チュニックなどで誤魔化していますが、引き締まったウエストとスッキリしたお腹に憧れます。

 

基礎代謝を高める事がシェイプアップへの第一歩

全ての人間に備わっている「基礎代謝」は、加齢と共に減少していきます。
厚生労働省のデータによると、女性の基礎代謝基準値は10歳-11歳で34.8kcal、30-49歳で21.7kcalとなります。
代謝が鈍ってしまうと、どうしても太りやすくなってしまいます。
特に女性は脂肪が溜まりやすいため、より注意が必要です。

どうすればいいかというと、ずばり「基礎代謝を上げる」事に尽きます。
一番効果的な方法は、やはり運動する事なのですが、必ずしもハードな運動でなければならないとは限りません。
ホットヨガなど、室内で簡単にできる方法もありますので、そちらをお勧めします。

ムチムチの太ももが悩み

わたしが体で悩んでいるところは太ももです。
身長157センチ、体重45キロで標準体型のように思いますが、太ももが人よりも太いのです。
そのため、流行りのショーパンをはくこともできず、ミニのスカートも似合わず、いつも太ももを隠すような服ばかり選んでしまいます。

中学生や高校生のときはあまり気にしていなかったのですが、ある時友達に指摘された時から気になるようになりました。
制服のスカートも短くしていたのですが、気になり始めてからは長くするようになりました。

でもそれでは好きな服が着られずにいたので、太もものダイエットをしようと思い始めました。
たとえば、コロコロとむくみをとるようなローラーをしたり、筋トレを取り入れたり、痩身のクリームを塗り込むようなことをしました。
しかし、太ももについてしまっているお肉は全然とれません。

photo

また、エステの体験にいったときにも、太もものことを指摘されました。
この太もものお肉をとるためには~とプランを作成してくださったのですが、何度も通わなければならず、また高額であったため諦めるしかありませんでした。
わたしはこの先もこの太ももで過ごしていかなければなりません。

 

太ももに脂肪がつきやすい体質かも?

事実とはいえ、思春期の女の子にとって、かなり辛辣な指摘ですね。
その年代といえば、自分の外見を気にする傾向が強くなりますから、直球的でもオブラートに包んだ表現でも、指摘されるだけで恥ずかしくなってしまうものです。

マッサージやストレッチの継続も大切ですが、人は体質に差があります。
それこそ、投稿者の方のように「太ももだけ以上に脂肪がつきやすい」という体質の人もいますし、それは決して珍しい事ではありません。
いち早く解決したいのであれば、やはりエステなどでの脂肪吸引が近道になりますが、どうしても高額になってしまうので、あまり気軽にお勧めできないのが辛いところです。

冷え性なのに汗かきで困っています。

子供のころから頭部に汗をかきやすくて困っています。

ホテルのフロントの仕事をしていたことがあります。
接客業ですし、慣れないころは失敗ばかりでいろいろ緊張する場面が多くて、体質ばかりでなく大汗をかいて暮らしていたようなものです。

photo

あるときには、ちょっと玄関周りの見回りをしていて植木を動かしただけなのに大汗をかき、「何でないてるの?」とまで言われたことがあります。
夏は本当に苦しくて、冷房の中にいるのにちょっと動いただけで汗をかくのです。
その割に手足はなぜかいつも冷たくて、顔ばかりがほてっているのです。

数年前に整体師の仕事を始めましたが、これまた接客業で、汗かきについでに更年期の汗も出現して、一時仕事をやめようかとも思いました。
しかし整体の勉強をしている過程で判った事ですが、冷え性なので頭部以外の所から出るはずの体温が出られず、頭部に集中するので汗をかくらしいのです。
ですので、理屈としては冷え性を直せば何とかなると言う事に気がつきまして、今必死に改善中です。

 

冷え性なら改善可能!体を冷やさない事が大切

汗かきと冷え性が重なって、とても大変そうですね。

汗かきを改善する事は非常に難しいのですが、冷え性ならば改善が見込めます。
基本的には、太い血管が通っている部分(首や肩など)を冷やさないようにする事。
これにより、全身に熱が行きわたりやすくなり、冷え性改善が期待できるのだそうです。

夏は冷房が効いている部屋でも汗をかきやすいとの事ですが、この冷房が原因で冷え性を悪化させていた可能性もあります。
もちろん熱中症対策は必須ですが、だからといって冷やし過ぎも良くないので、このバランスが重要となります。